tokoログ

育児、家事、節約、たまに雑記やカフェ情報など、体験、挑戦したものをレポートします。

寝起きの口臭、菌の繁殖を防ぐ歯科衛生士さんに聞いた2つの対策キシリトールと歯磨きのタイミング

最近実家に泊まった際母に突然言われました。「あなた子供達に起き抜け歯磨きもさせずにお茶や水飲ませてないわよね??」(私には4歳と1歳半の子供がいます)

私は「…朝寝起きの悪い長女はそれどころじゃないよ…」と言ったらこっぴどく叱られたのです。朝のお口の中は夜の間に繁殖した菌がたくさんで、歯磨きしないとウ◯チを飲んでいるようなものだと!本当か~??(´`:)

でも私も寝起きの口臭がずっと気になっていた…

そこで私は娘達を通わせてる歯医者さんで歯科衛生士さんに聞いてみました。

 

本当です

いや驚き…本当にウ◯チと同じくらいの数の細菌が繁殖しているんだそうです。

なぜなのか?

口の清潔は唾液が鍵を握っているそうで、唾液には細菌を繁殖させない、歯の再石灰化の効果などもあるようです。 

夜中は唾液が減り、口が渇いた状態に。菌がとても繁殖しやすい状態になるためなんだそう。

私の朝の口臭も、夜の間の細菌繁殖のせいだったんですね。

 

2つの 対策 

では対策は?

寝る前の歯磨きをしっかりすればいいのか?というと、それはもちろん大前提。

プラスよく聞くキシリトールを勧められました。

虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌は、糖分を食べて酸を吐き出すため、歯が溶けて虫歯になります。しかしキシリトールだけはミュータンス菌が食べても酸を吐き出せず(なぜなのかメカニズムまでは聞き忘れました、ごめんなさい)食べても食べても酸を吐き出せず自滅するんだそう!やった虫歯菌退治!だから世の中にたくさんキシリトール製品があるのですね~

でもちょっと待った!キシリトール製品であればなんでも良いのではなく、キシリトール100%じゃないとダメです!とのこと。当然ながらキシリトール以外の糖分は虫歯菌のエサになるのでダメです。 

 

対策1

キシリトール100%のタブレットかガムを歯磨きのあとに使ってお口の虫歯菌を減らしてから寝る。

 

でもキシリトール100%ってなかなか無くて、歯科専売が多いのですが、アマゾンだと買えます。

 

 

でも私は毎度アマゾンもちょっと面倒だったり…しかも子供達にも習慣づけたいからタブレットにしようと思ったら…

意外にもしまじろうのタブレットはドラッグストアやスーパーにも置いてありました!

スーパーでも薬局でも188円でした。

うちは子供達と私自身もタブレットを一つ食べてから寝ていますが、口臭があきらかに減りました。我が家の必需品に!スーパーの買い物のついでとかに買ってます。

 

対策2

寝起きの歯磨きを習慣に!

 

寝起きすぐに飲食すると、菌をそのまま飲み込むことになります。大抵胃液でやっつけられますが、なんか気持ち悪い。

免疫力が下がってたりすると病気の原因になるそうなので、やっぱりやめたほうがいい。

 

私は寝起きに歯磨き、時間がないときは口をゆすぎます。

4歳の娘にも口をゆすいでから寝起きの水分補給してもらうようにしています。

 

 
まとめ

お口の細菌を防ぐために歯磨き後のキシリトールタブレットと、寝起きの歯磨き。

 

習慣づければそんなに大変なこともないですし、子供達はタブレットが美味しいので進んで食べてくれます。お試し下さい!